『マイレージ、マイライフ』のラスト

ジョージ・クルーニー

1000万マイルを達成した男

『マイレージ、マイライフ』の中で、ジョージ・クルーニー演じるライアン・ビンガムが1000万マイルを貯めることが、どれだけ大変なことなのか?!と熱弁しますが、確かに1000万マイルを到達するなんてそりゃ大変なことだろうなぁ~と思います。マイレージが導入されてから、マイラーと呼ばれる人たちがたくさん登場していますが、1000万マイルを貯めるにはかなりの頻度で飛行機に搭乗しないと達成できない数字です。

マイレージは大好きで電車で移動するほうが空港へのアクセスを考えると楽だ・・と分かってはいても、あともう少しで4万マイルに達成するからやっぱり飛行機にしよう。と強引に飛行機に搭乗するほうを選択してきたので8万マイルごときでも、必死になるのでライアン・ビンガムの1000万マイルはものすごい記録です。


1000万マイルを達成した男

ライアン・ビンガムが映画の中で貯めていたマイレージは、アメリカン航空ですが2011年7月9日にユナイテッド航空で1000万マイルを達成した男性がニュースで配信されました。その男性はトム・スタカーさんといってシカゴ在住の自動車業界コンサルタント業をしている男性です。飛行距離1000万マイルをキロメートルにすると、約1610万キロメートルです。この偉業を成し遂げたトム・スタカーさんをお祝いするために、オヘア国際空港で式典が行われました。

ユナイテッド航空の超VIP

この1000万マイル達成という偉業を成し遂げたトム・スタカーさんですが、1982年からずっと絶え間なくユナイテッド航空の翼で空の旅を続けてきました。もちろんユナイテッドが就航していないところでは、ユナイテッド航空のマイルが溜まるエアラインを選択していることは間違いないでしょう。

結婚したときの新婚旅行でももちろん飛行機に乗り、「新婚旅行」と銘打った奥さんとの旅行は15年間の間に60回ほどというからこれまたすごい。サファリ砂漠やらパリのルーブルやら、プライベートでもガンガン飛行機に乗り、仕事でももちろん搭乗します。一番多い渡航先はオーストラリアとかで、オーストラリア⇔シカゴだけでも400万マイルを超えるとか・・・。そしてハワイへはなんと80回ほど訪れているそうです。

ユナイテッド航空からすると、トム・スタカーさんはVIPの中でも超が付く大事な大事な上顧客です。もちろん常にトム・スタカーさんを大事におもてなししていますが、乗り継ぎにはいつも案内係が付き添うほど。そして搭乗するクラスはもちろんファーストクラスですが、ファーストクラス用ラウンジには、トム・スタカーさんの好物ブラウニーがいつも準備されているとか。。

100万マイルを達成するいわゆる「節目」の旅に、ユナイテッド航空からは高級ワインがプレゼントされたり特等席でスポーツ観戦といった贅沢なギフトが贈られていますが1000万マイルが達成された時にプレゼントされたものは、史上初となる「チタン・ユナイテッド・マイレージプラス」カードがトム・スタカーさんに進呈されました。

そしてそれだけではありません。ライアン・ビンガムが自分の名前の付いた飛行機が・・と言っていたように、ボーイング747-400型機には、”トム・スタカー”さんの名前が付けられて、盛大にオヘア国際空港で式典が開催されました。トム・スタカーさん自身も、ライアンと同じく飛行機の機内の中にいると、とってもリラックスできるとかで1~2週間飛行機に乗らないと、そわそわしてくるとか。笑

ファーストクラスが、トム・スタカーさんにとっての居住空間になっているのかもしれないですね。

1000万マイルを達成しているだけあって、新人乗務員よりも機内のことにはくわしいようで新人クルーには座席の操作方法を教えてあげることもあるとか。ここまでくると、さすがですね。もちろん空港にも熟知していて、トム・スタカーさんお気に入りのラウンジは、地元シカゴとロサンゼルスだそうです。そしてイマイチだと思っているのが、ニューヨークのラガーディアのラウンジだとか・・ラウンジに用意されているお酒の銘柄から、つまみの種類までも全て頭の中に入っているのでしょう。

1000万マイルの達成、お見事です!!おめでとうございます!!